愛しい人の子を産みたい

そうだ、このまま彼女たちに子供ができたら、男と違い子供がある程度大きくなるまでは時間が奪われ私なんかと会う機会はほとんどなくなる。
30代前半はいい、後半は?40代は?50代は?

そのまま誰も新しい友達ができなかったら?私は毎日一人でご飯を食べて、隣の家族のあたたかそうな灯りを眺めているんだろうか?
そんな寂しさと不安が心に染み込んできました。

一人は嫌いじゃない、でも、本当にいつまでもこのままだと独りなんだ。
それは初めて感じるショックでした。
若い時には思いもしなかった、本当の自分のリアルな将来像です。

覚悟がいるんだ、そう思いました。
男女関係なく、独りで生きる。

独身で生きていく、ということは、流されてそうなったらいつか寂しさや心細さに負けてしまうんだ、今のうちから自分はどういった生き方をしていくのか、10年後どうありたいのか、それを見据えて生きていける人だけがきっと、独りを満喫できるんだ、と気づきました。

まったく考えないのではなく、もしかしたら突然友人のように婚期が訪れるかもしれないし、独身のままかもしれない。

そうした未来をイメージして今を生きないといけない、と気づき最近では異性をむげにせず、それもまた人生の楽しみとして少し肩の力を抜いて夢ばかりを追うのではなくこの人生の日々を充実させる生き方を、友人の結婚で学びました。

デリヘルの濃厚な時間
興奮度MAX埼玉デリヘルの濃厚な時間
埼玉デリバリーヘルスで完全フリーオプションの女の子が登場の予感。当然売れっ子で予約は必須。
www.sai-deli.jp/top/

»