没頭しすぎて我を忘れる

私にはその頃はまだ、そんな気持ちは湧かず「普通に流されているだけなんじゃないの?」と思っていました。

しかし、ほどなくして、彼女に彼氏ができました。

姉のお見合いを手伝いに行った先で同じように手伝いをしていた彼とお互いに一目ぼれをしたのだそうです。
姉は破談しましたが、彼女は彼と結婚するのだといいました。出会ってまだ半年も経ってませんでした。

私は驚きましたが、友人が愛する人をみつけて、何より「寂しい、寂しい」と言っていた気持ちが落ち着いたことに嬉しさを覚えました。
ですが、その後直ぐ、私は気づきます。

自分が本当に「独り」になったことに、です。
彼女が言っていたとおり、誘える独身の友人がいなくなってしまったのです。

実際そうなってからはつまらないものでした。
毎週末には皆で集まって宴会をするほど仲がよかったメンバー、少なくても誰か一人は必ず捕まってアフターを楽しめたメンバーが今では一人もいないのです。

毎日会社とアパートの往復、一人で食事、ウィンドウショッピング。
思った以上に寂しい状態でした。

仕事が忙しかったのでそんなにアフターに友人を呼び出すことがなかった私でしたが、それでもまったく一人もいない状況と言うのは初めてでした。

ふと、彼女の真剣な顔が脳裏をよぎりました。
これか、これが彼女の叫んでいた寂しさ、孤独なんだ。

無修正動画サンプル
無修正動画サンプルの再生
アダルトコンテンツサイトでウワサのAV女優も出演かも。
dougahakkutsu.com/

«
»