結婚に焦る女たち

私はずっと恋愛もせず、自分の夢を追って生きてきました。
10代の頃はそれがとても楽しくて夢中でした。

20代になってもそれは追っていて楽しい目標で、尽きることのない楽しさから彼氏など必要ない、時間の無駄だと告白されても断り続け自分からはまったく異性に対し興味もでない生活をしていました。

仕事も男性の中にいて上位をとっていた私は生活にも苦労はなく人生のお独り様を満喫していました。
目標はこのまま稼いで自分で分譲でも良いから購入して永住の地を作ることでした。

しかし、30代に入った頃。
同じように夢を目指す仲間がどうしたことか、適齢期だったのか次々と結婚していき、家庭に入り子供生んで家族で生きる道に満足し始めていました。

ふと、同じキャリア組みの友人が「最近みんな結婚してしまって、自由な時間にいつまでも飲み行ったり誘ったりができなくなって寂しい」と言って飲み仲間サークルに入ったりと悶々とした状態を過ごし始めました。

そして間もなくして「願掛けをしてきた!」と恋愛成就のお守りを見せてきました。
私は「え?」と驚きました。
お互い恋愛には今までまったく興味がなく必要ないとさえ言い合ってきた仲の友人が、急に恋愛成就のお守りを肌身離さず持つようになったのです。

「みんなみたいに家庭が持ちたい、私もいつまでも一緒に飲んでくれる人が欲しい」彼女は必死でした。
私より3歳年上だったのですが、本当に真剣でした。

待機デリヘル情報
待機情報埼玉デリヘル
リアルタイムの待機情報が入手出来る埼玉エリアのデリヘルデータベースがコチラ。待ってる女の子多数います。
www.sai-deli.jp/top/

«
»