まっすぐな恋

バイト先の新しい店長は、学生の私とさほど年齢が変わらなかった。
そんな店長の最初の挨拶は『よっ!はじめまして!』・・・。
なにこの人~…なんか軽い感じ。

あんまり年もかわらないし大丈夫かなぁって、第一印象はあんまりだった。

でも最近なぜだかみんな楽しそう。
新しい店長になってからどこか一体感がでて、笑い声が聞こえて、気づけば私も仕事に行くのが楽しみになっているじゃない!

いつも笑顔で気さくに挨拶してくれて、仕事だっていつもまっすぐに向き合ってかっこよくて、目で追ってしまっていた自分にハっとしたのを覚えている。

店長が来て半年が過ぎた頃かな?帰ろうとした時、いつも気さくな店長が「お前の事が好きなんだ」と急に真剣になってまっすぐな目で伝えてくれた。
私は、本当にこの胸に飛び込んでいいのかな…?本当に私に言ったんだよね?と一瞬悩んだけれど、その目を見たら体が勝手に飛び込んでいた。

そして誰もいなくなったお店で、初めて短くて軽いキスをしたと思う。 
「あ~緊張したよ俺は」とハニカミながら言っていた。
胸がキュンキュンした。

これが恋なんだな、とキュンキュンを噛み締めながら思った。

日が経つにつれてどんどん好きになれた。
まっすぐな彼と頑固な私はぶつかる事もあったけれど、その度にきちんと話し合った。
そして 仲直りエッチ というものも初めて経験した。

まっすぐな彼のまっすぐな愛情は、私を何度も絶頂させた。
抱かれるだけで愛されているんだと感じ、なぜか涙がでて来る日もあった。

必要とされている事が本当に幸せなんだと感じた、私の初恋。
一生忘れたくない宝物。

人妻デリヘル
人妻デリヘル埼玉美女
ボリューム満点の人妻からスレンダーなエロ体型の若妻まで揃っているのは埼玉の人妻系デリヘル
www.sai-deli.jp/top/

«
»