新しい思い出はいらない

Facebookを始めたころは、仕事の関係でのやり取りが増えるだろうとおもっていました。
ですから、写真もちゃんとアップして、過去にお仕事を一緒にした方も私がわかるようにしたのです。
ですが、実際には、仕事半分、プライベート半分という割合で、つながっています。

そうなると、アップする内容って意外とむずかしくって、あまりプライベートすぎるのみなんだし、仕事の話をするとセキュリティで危なそうだしで、結局その時におもしろいと思ったたわいもないことをアップしたりするもの後は、ほとんど個別のやり取りになっています。
そんな時に、突然まったく知らない名前の友達申請がやってきました。
迷惑系かと思ってほおっておいたのですが、メッセージもきていたので読んでみると、なんと大学の時に付き合っていた彼でした。
苗字も変わっていたので全然気づか鳴ったのです。
養子に行って苗字が変わったのだそうで、そのことも書いてありました。
せっかくだったので、友達申請を受けずに、メールでやり取りをしてみました。
写真を見て、私だと思って連絡をくれたのだそうですが、アップしている写真と学生の時の私は、かなり違うと思っていたので、ちょっとショックだったりして。
でも、まあこれも縁かもしれません。
今は連絡を取り合ってはいますが、いまさら会う気は実はないのです。
以前の私は今とは違うし、相手もきっとそうだろうと思うから。
過去は過去ですから、新しい思い出はいらないのです。

«