角度が違うバレンタインデーの風景

どうしてバレンタインは女性から男性への愛の告白の日だろう。
男性にだって、女性の様に大々的に告白できる日があればいいのに。
そんなことを昔から考えていたけれど、私が生きてきた30年間、待ち望んだ「男性からの告白日」などはできていない。
あぁ、誰か考えてくれないのかな。

例えば、大手デパートの経営戦略みたいな部の人が「男性のためのバレンタインデー」みたいなものを。

でも、そうやっていても、2月になればいろんなお店で手作りコーナーやラッピングコーナーが何となくチョコレートの中にいるような甘い雰囲気に漂い始める。
実は幼稚園に入園した息子が去年、チョコレートを7個、もちろん義理チョコだらけだったが、いただいて帰ってきた。
そこからが大変。お返し地獄の始まりだった。

女子は心をこめて?作る手作りチョコをくれるが、男性は果たして相手に何を返せばいいのか。今まで自分が女性として生きてきたくせに、全く恋愛経験が上がっていないのだと反省。
義理の母からは「あなたのお返しの技量で、来年この子(息子)がまた同じ子からいただけるかが決まると言っても過言ではないのよ。」とプレッシャーをかけられる。

今年流行りの「倍返し」?ではないが、しっかりと計画的にどの子が何を好きかをリサーチ。あぁ、私がきっと今まで何も考えずに義理チョコを渡した男の子の母親はこんな苦労としたのだろうか…とまたまた反省。

たかが幼稚園児。されど幼稚園児。本命には本命返し?、義理には義理返しをするのが男としてのマナーかな。息子の恋愛の第一歩になるかもしれない。息子の好きな子がとろけるような逸品を今からしっかり考えよう。大人になってからも、息子が初恋の思い出が美しく、楽しかったものであるように、初恋の裏に隠された母親の苦悩などがまさかあるとは思いもしなかった。

»