好きになった方が負け

よく恋愛って、「先に好きになった方がいいなりになりやすい」って言うけど、確かにそうかもしれない。
私は特に駆け引きが苦手だから、好きになったらストレートに感情を表現して、失敗してしまった恋愛もあった。
クールにした方がいい?でも、クール過ぎても、相手が大事にされていない「特別感」みたいなのを感じないと恋愛だって長続きしないはず。

だからよく、「ツンデレ」とか言うのかな。ギャップがあって、さらに「甘える」、「甘えさせる」関係を築いていく。そんなうまい技が私にもできたらいいのにと心から思う。

でも、好きな人のために「あれしたい」「これしたい」って、皆考えるはず。じゃ、その尺度の違いで「好き度ゲージ」が多い方が損をしてしまうってことなのかな。いやいや、そもそも、恋愛に損得ないと信じたい。

尽くすタイプ、甘えるタイプとか、恋愛をしているとそういう話題になるけれど、尽くすタイプはきっと相手のためじゃなくって、最終的には自分のために相手に尽くしているんじゃないのかな。
きっと、自己満足で相手がもしかしたらしてほしくないことまでして「あげている」と勘違いしていることだってたくさんあると思う。彼氏彼女の関係じゃなかったら、言葉は悪いかもしれないけれど、俗に言う「おせっかい」になってしまうんだもの。

そう思うと、やっぱり「好きになった方が負け」って言う考え方もいいけれど、「好きになった方が愛は深い」と思うのは少し違うような気がする。もしかしたら、「おせっかい」って思ってしまっても全てを受け入れてくれるような相手の方が「愛は深い」のかもしれない。

»